東洋練習

2008第5回☆かわしま学校

今週は富士登山競争の為、水曜日出勤・・・そんな時に限って『かわしま学校』が開催されるcoldsweats0118時ギリギリまで、仕事してTUへダッシュrun

毎回のことながら・・・かなりハードsweat01
今日は。。奇跡的にshine20分発の小川町行きの東武東上線に乗れたhappy02あたし、凄いかもと汗だくの自分を褒めたnote

今日のメニューは・・・3000mタイムトライアルrun

昨日、上手く走れちゃったので。。調子に乗り・・・設定3分50clock
けど、そんな連日うまく走れるわけもなくsweat01ただただ。。きつい走りとなったsweat02

それでも、いつもは2000mで落ち始めるとダラダラいってしまうけど。。ラストは自分なりに踏ん張ってみたbearingその代わり・・・足ガクガクwobbly

3分53→4分04→3分59(11分58)
レース前にやる練習じゃないかもcoldsweats01
まっ、富士登山競争も練習の一環ということで。。中学生との1500mにも参加してみましたhappy01

まったく動かずcoldsweats01・・・タイム6分15秒・・・

それでも、未来ある中学生と走れることは。。めったにないので、かわしま校長を先頭に走っている中学生の姿を見ながら、1500mを走り切ったnote

Cimg8269かわしま校長より・・・
『集団の力で追い込む練習』
今日のように同じ力同士で集団で走る練習は、競って追い込む練習が出来ます。

前の人と離れてしまうのは、後の事を考えてしまうからで。。そういう時はだいたい余力があります。その時、前に付いていく事が大事。前の人は離そうとしてペースを上げた時に、すぐに離れてしまうのは相手を楽にさせてしまいます。ペースを上げたのに離れず付いて来られるのは嫌で、しばらくすると相手のペースが落ちてきます

『ちょっとの勇気とちょっとの我慢』

練習でも、離れそうになったら前に付いていく勇気と、離れないペースで我慢することを心がけていけば、レースで展開がかわってくるはずです。

中学生の前で話すかわしま校長は、いつも以上に校長先生だったhappy02今日は、とってもいい事を学んだhappy01

ジュニア&かわしま校長
Cimg8270未来のオリンピック選手たちheart04

ジュニア&かわしま学級
Cimg8271今日のトップは、フクダさんの9分9秒でしたnote

放課後は・・・『庄や』
Cimg8272熱いsign02トークで盛り上がりましたshine

そんな宴は。。最後までいたかったけれど、『いつか』という瞬間が来た喜びに涙が出そうで・・・早々に退散coldsweats01

もう一度、大好きな走りを学ぶことが出来ると思うと、帰り道・・・何度も何度も泣いたcrying

がむしゃらではなく、頭を使って走っていくことrun
それが出来るように。。堪えられるように。。今まで以上にしっかり体作りをして行きたいと思いますconfident

今はまだ、膝下しか褒めてもらえないけど・・・coldsweats01かわうそじゃなく、人間になりたいと思いますflair

| | コメント (0) | トラックバック (0)